RSPO認証の対応原料

サステナブルなパームオイル使用

RSPO認証への取り組み

NIKKOL GROUP は、持続可能な原料調達および製品の供給体制を維持するため、また生物多様性の保全のため、2018 年 12 月に国内の製造拠点である日本サーファクタント工業株式会社において、RSPO サプライチェーン認証を取得しました。今後も、更なるサステナブルな原料の調達と供給体制を推進していきます。私たちの取組みに関する進捗レポート(ACOP, The Annual Communication of Progree)につきましては、下記の各会社ロゴをクリックしてご覧ください。

  • 日本サーファクタント
  • NIKKO CHEMICALS SINGAPORE
  • 日光ケミカルズ株式会社

供給体制

認証パーム油およびパーム核油を用いた100 品以上の製品をマスバランス*1 (MB) 品として在庫しており、供給が可能です。

RSPO認証製品はこちら*2

*1 マスバランス
パーム油の複雑なサプライチェーンを反映して、3つの認証モデルと 1つの証券化モデルがあります。
マスバランスは製造過程で、認証油と非認証油が混合される認証モデルです。物理的には非認証油も含んではいますが、購入した認証油の数量は保 証されています。

*2 RSPO認証製品
検索結果表示にない製品も準備中の製品がございます。表示結果にない製品につきましては、当社営業担当にお問い合わせください。

RSPO認証対応品の確認方法

認証が得られた製品につきましては、製品試験票、出荷案内書、納品書、請求書に認証番号を記載しております。

RSPOとは

RSPO MIXED 4-0999-18-000-00 環境への影響に配慮した持続可能なパーム油を求める世界的な声の高まりに応え、
7つの関係団体が中心となり 2004年に国際的な非営利組織である RSPO (“Roundtable on Sustainable Palm Oil” 持続可能なパーム油のための円卓会議)が設立されました。
世界的に信頼される認証基準の策定とステークホルダーの参加を通じ、持続可能なパーム油の生産と利用を促進することを目的としています。

お問い合わせ
RSPO認証の化粧品原料に関心をお持ちの方は、
ぜひお気軽にお問い合わせください。
  • フォームで問い合わせする

NIKKOL

ニッコールグループメールマガジン一覧


お役立ちコンテンツ

化粧品ビジネスのお手伝い
処方相談
界面活性剤の用途・分野と技術
コラム
Nikko Pedia〈ニコペディア〉
よくあるご質問
総合お問い合わせ

facebook