コラム

それぞれの産業分野で、今、注目されている製品に使われている界面活性剤や原料・素材などをレポートしていきます。

最新コラム

2014-04-17 13:13:34

CPhi Japan 2014当社ブースにご来場いただき誠にありがとうございました。CPhi_200px

日光ケミカルズでは、医薬品製剤向けに様々なご提案をさせていただいております。

【ラメラ液晶を形成できる乳化剤(自己乳化型ワックス)

薬添規成分名称:ポリオキシエチレンアラキルエーテル・ステアリルアルコール混合物

角層細胞間脂質は、両親媒性脂質から構成された脂質二分子膜と水からなる層状の会合体(ラメラ液晶)を形成しています。このラメラ層に存在する水分は、肌の潤いを保つ重要な働きをしています。一方、ラメラ液晶を有する乳化製剤も液晶層中に水分を保持しているため、同様に肌の水分保持力を高める効果が期待されます。

CPhi2_200pxNIKKOL WAX-230は、ラメラ液晶を有する乳化製剤を容易に調製できる非イオン性自己乳化型ワックスです。医薬品添加物規格2003(薬添規)にも適合しており、医薬品(一般外用剤)にもご使用いただけるなか、医薬部外品、化粧品の保湿用スキンケア製剤にも最適な乳化剤です。

詳細は、ケミナビで検索(WAX-230)ください。

【NIKKOL総合カタログ(医薬品製剤向け)は、”こちら”からダウンロードできます。
 

————————製品情報サイトchemical-naviについて——————————

chemical-navi.com(ケミナビ)は、素材検索から資料・サンプル手配・処方相談まで24時間お客様からのお問い合わせを受け付けております。ケミナビ運営会社である日光ケミカルズの新製品情報や、メルマガなどの配信サービスもございますので、この機会にケミナビへご登録いただけますようご案内申し上げます。

お問い合わせ先

WEBお問い合わせは、”こちら

電話でのお問い合わせ:0120-037-139

メールでのお問い合わせは、 inquiry@chemical-navi.com まで

※化粧品、医薬部外品の処方相談はこちらへお願いします。「処方相談」へ

※食品、洗剤、インキ・塗料、油剤、その他の工業分野へのご相談は「こちら」へ

質問は受け付けていません。