『角層ケア』、『基底膜・真皮の再生』を行う2商品を市場導入しました。

リノール酸は抗炎症作用、リノレン酸は抗ストレス作用をもつことが知られています。しかし、酸化に対する安定性が悪いため、化粧品への配合は難しい成分でした。

そこでSOLABIA社はリノール酸およびリノレン酸をセラミド様骨格に組み込み、生体擬似物質とすることで、処方中に安定に配合することに成功しました。さらに2010年にはエコサートの承認を受けました。

今回ご紹介する2製品は下記の特徴をもっています。

*セラミド様作用によるバリア機能の回復

*リノール酸リノレン酸の生理活性の維持(抗炎症・抗ストレス作用)

 OMEGA 6,3 CERAMIDE RASPBERRYÒ
角層の状態を整え、バリア機能を回復します。

 VITASKINÒ E
基底膜・真皮の再生を促進し、荒れ肌を改善します。


Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail

コメントは停止中です。