【界面活性剤の機能別選択法 Vol.2】

界面活性剤の機能別選択法の第2弾です

界面活性剤の種類は多く、市場も多岐に渡っております。当社の界面活性剤を適切にお使い頂く為に、当社の界面活性剤と用途、適切な界面活性剤の選択法の概要を記述します。

 今回は可溶化について述べます。

可溶化剤

界面活性剤は油性成分を自己組織体(ミセル、もしくは液晶)の内部に包み込み、水に透明に溶解させることが出来ます。 油性成分の極性が小さいほど自己組織体の内部に可溶化し、極性が高くなると親水基の近傍に可溶化します。このため一般的には極性が高く、親油基に溶解し易いものほど可溶化量は多くなります。

○ 親油基の大きなもの、親水基も大きな分子構造のものが可溶化力に優れています。

○アルコール水溶液の場合はアルコール濃度で適切なエチレンオキシド鎖長を選んでください。

○ 当社可溶化剤


PEN系:エーテル結合であるため、加水分解の心配なくお使いいただけます。


NIKKOL PEN-4612
POE(12)POP(6)デシルテトラデシルエーテル
https://www.chemical-navi.com/product_search/detail378.html

NIKKOL PEN-4620
POE(20)POP(6)デシルテトラデシルエーテル
https://www.chemical-navi.com/product_search/detail379.html

NIKKOL PEN-4630
POE(30)POP(6)デシルテトラデシルエーテル
https://www.chemical-navi.com/product_search/detail380.html


HCO系:安全性が高く、医薬品市場で多く使われています。


NIKKOL HCO-40
POE(40)硬化ヒマシ油
https://www.chemical-navi.com/product_search/detail323.html

NIKKOL HCO-50
POE(50)硬化ヒマシ油
https://www.chemical-navi.com/product_search/detail324.html

NIKKOL HCO-60
POE(60)硬化ヒマシ油
https://www.chemical-navi.com/product_search/detail325.html

NIKKOL HCO-40(医薬品用)
POE(40)硬化ヒマシ油
https://www.chemical-navi.com/product_search/detail328.html

NIKKOL HCO-50(医薬品用)
POE(50)硬化ヒマシ油
https://www.chemical-navi.com/product_search/detail329.html

NIKKOL HCO-60(医薬品用)
POE(60)硬化ヒマシ
https://www.chemical-navi.com/product_search/detail330.html


 BPS系:低濃度から液晶形成し易く、液晶で強く包み込む事が可能です。


NIKKOL BPS-20
ポリオキシエチレンフィトステロール(20E.O.)
https://www.chemical-navi.com/product_search/detail573.html


  Decaglyn 1-50SV:食品市場でご使用頂ける高親水性の可溶化剤です。


NIKKOL Decaglyn 1-50SV
モノステアリン酸デカグリセリル
https://www.chemical-navi.com/product_search/detail257.html


高親水性ポリグリセリン脂肪酸エステルシリーズ


食品及び化粧品用途で、耐酸性及び高温安定性に優れた可溶化物を調整できます。

Decaglyn 1-SVEX、Decaglyn 1-OVEX

Decaglyn 1-MVEXDecaglyn 1-LVEX

Decaglyn 1-PVEX

 実際の使用条件などにより最適な界面活性剤は変わりますので、詳細は当社の営業にお問い合わせ下さい。


Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail

コメントは停止中です。