防腐効果のある、新規成分のご紹介

ニコガードシリーズに、広範囲の抗菌スペクトルを有する油性成分として、”ニコガード6”が追加されました。

NIKKOL ニコガード6は、ジメチロールプロピオン酸とn-ヘキサノールのエステルです。
種々のジメチロールアルカン酸アルキルエステルの防腐効果をスクリーニングした結果、ジメチロールプロピオン酸ヘキシルが細菌類から真菌類に至るまで広範囲の抗菌スペクトルを有することを見出しました。また、パラベン類やフェノキシエタノールと比較してスティンギング刺激が低いことを確認しています。

【ニコガード6の特徴】
•細菌類だけでなく真菌類の増殖も抑制します。
•防腐剤フリーの処方を組むことができます。
•1,3-ブチレングリコールのようなポリオールを併用することにより、低濃度かつ幅広い防腐剤フリー処方を組むことができます。
•スティンギング刺激はパラベン類やフェノキシエタノールに比べ低刺激です。

・NIKKOL ニコガード6について技術的なお問い合わせは、メールまたは、フリーダイヤル(0120-037139)までお問い合わせください。


Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail

コメントは停止中です。