シワを改善し、アトピー性皮膚炎にも有効なアミノ酸(L-ヒドロキシプロリン)

L-ヒドロキシプロリンは、コラーゲン特有のアミノ酸です。コラーゲンのアミノ酸配列は‐Gly‐X‐Y‐であり、X、Yは任意のアミノ酸で少なくとも1つはL-プロリンまたはL-ヒドロキシプロリンから構成されています。哺乳類の全タンパク質の25%を占める細胞外マトリックス成分の中に、L-ヒドロキシプロリンは約10%含まれています。
協和発酵工業株式会社が開発したL-ヒドロキシプロリンは、微生物を使用した発酵法により製造した安全性の高い製品です。線維芽細胞におけるコラーゲン産生や表皮細胞の増殖の促進、保湿効果など、皮膚の老化防止に、高い効果を示します。また、pH、加熱、アルコール類に対しての安定性が高く、配合しやすい化粧品および部外品用原料です。

【L-ヒドロキシプロリンの特徴】
●L-ヒドロキシプロリンは、コラーゲン特有のアミノ酸です
●線維芽細胞におけるコラーゲンの産生を促進します
●表皮細胞の増殖促進効果があります
●コラーゲンと同等以上の保湿効果を示します
●トリペプチドよりも高い経皮吸収性を示します
●しわの改善効果があります
●アトピー性皮膚炎に有効です
●pHや加熱に対して、安定なアミノ酸です
●エタノールや多価アルコールの添加によっても、溶解性が影響されません。
●皮膚や眼に対して、穏和な化粧品原料です

【L-ヒドロキシプロリンの皮膚への作用】
コラーゲンは、およそ1,000個のアミノ酸が結合したポリペプチド鎖3本が右巻きのらせんを形成し、安定な構造を作っています。この3本鎖ヘリックスが形成されるためには、α鎖に存在するおよそ250のプロリン残基の半分がL-ヒドロキシプロリンになる必要があります。このように、L-ヒドロキシプロリンは、コラーゲンを形成するためには必須のアミノ酸です。
経皮吸収されたL-ヒドロキシプロリンは皮膚中においてコラーゲンの合成を促進します。
コラーゲンにはⅠ型~XIX型など多くの型がありますが、L-ヒドロキシプロリンのコラーゲン形成への重要な要素として、Ⅳ型コラーゲンの形成寄与が推定されています。Ⅳ型コラーゲンは、基底層に限って見られるシート状の網目構造をもつコラーゲンで、Ⅳ型コラーゲンの形成促進は基底層形成を促すことが推定できます。このことにより、L-ヒドロキシプロリンの皮膚への作用として①基底層シートの形成による表皮細胞の正常化→肌質の改善、②真皮層での弾性線維の増殖→しわの改善が期待されます。また、水酸基をもつアミノ酸の特徴として、物理化学的な作用による角層の保湿も期待できます。

L-ヒドロキシプロリンのアトピー性皮膚炎への効果については、Part2をご覧ください。
L-ヒドロキシプロリンの資料ダウンロードやWEBサンプル請求は、こちらからお願いします。


Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

コメントは停止中です。