ジパルミチン酸ピリドキシン

提供: Nikko Pedia・研究開発支援 | ケミナビ〈chemi-navi.com〉
移動先: 案内検索


成分名

(和):ジパルミチン酸ピリドキシン、ピリドキシンジパルミテート、ビタミンB6ジパルミチン酸エステル

(英):Pyridoxine Dipalmitate


局方 局外規 粧原基 粧外規 食添 JCID 既存化学物質番号 TSCA EINECS番号 CTFA CAS No.
5-3670




定義

ビタミンB6が油脂に溶解しないことから、経皮的に吸収しないとされてきた。1956年Kummerowらにより、ピリドキシントリパルミテートが合成され、油溶性でしかも生体内でB6活性を示すことが明らかにされた。1965年小林らはピリドキシン-3,4-ジアシレートを合成し、これが熱および光に安定な油溶性ピリドキシン誘導体であり、生体内でB6活性を示すことを確認した。ピリドキシンに2当量のパルミチン酸クロリドをピリジンの存在下エステル化して得られるジエステル(C40H71NO5:646.0)である。


成分・組成




特徴

酸化および熱、光に対してピリドキシンより安定。経口投与すると、生体内で塩酸ピリドキシンと同等のB6活性を示す。消化液および消化管壁で加水分解される。ピリドキシンジエステルは基剤の影響を受けずに経皮吸収された。B6の血液濃度が徐々に上昇する。


用途

肌あれ、にきび、ふけ、日やけ、雪やけ、かゆみなどに対する治療効果を期待して、クリーム、乳液、化粧水、シャンプー、パウダー類に配合される。


商品

NIKKOL DP(日光ケミカルズ)