メインページ

提供: Nikko Pedia・研究開発支援 | ケミナビ〈chemi-navi.com〉
移動: 案内検索

subtitle icon gold star.png選り抜き記事

VC-IP

ビタミンCは美白作用、抗老化作用など種々の生理活性をもつことから、化粧品を含む様々な分野で有用な成分として使用されています。特に[美白作用]は一般消費者にもよく知られており、これまでにさまざまなビタミンC誘導体が開発されてきました。しかし、その多くは水溶性であるため、経皮吸収性や安定性の面で問題がありました。NIKKOL VC-IPは、従来のビタミンC誘導体とは異なり、油との相溶性が良く、経皮吸収性に優れた安定な油溶性ビタミンC誘導体です。生体内に吸収されると、生体内酵素により[エステル結合]が切れてビタミンCとなり、様々な生理機能を発揮します。美白を目的とした種々の化粧品に幅広くご使用いただけます。

紫外線による色素沈着は様々な因子が複雑に作用して発生します。まず、紫外線が皮膚にあたると、皮膚や細胞の中で活性酸素種が発生します。これら活性酸素種などの酸化ストレスにより、細胞内過酸化レベルの増加やDNA損傷が引き起こされます。これに応答して表皮細胞から色素細胞活性化因子が放出されます。

一方、表皮細胞から放出される色素細胞活性化因子により、色素細胞の増殖が活性化され、細胞内でチロシナーゼの合成が促進されます。その結果、メラニン産生が活発となり、色素沈着が起こります。また、DNA損傷を修復する過程で産生されるDNA断片により、色素細胞内でのメラニン産生が促進されることも知られています。このように、色素沈着は、色素細胞のみが関与して起こるのではなく、周囲の表皮細胞からの情報が色素細胞でのメラニン産生を促進することによって起こります。

NIKKOL VC-IPは、油溶性であることから皮膚内に効率よく浸透し、皮膚内のエステラーゼによりビタミンCに変換されます。ビタミンCは紫外線などにより引き起こされる皮膚内の酸化ストレスを軽減することにより、DNA障害の緩和作用や色素細胞活性化因子放出の抑制作用を示します。このようなメカニズムで、NIKKOL VC-IPは美白作用を発揮します。

subtitle icon building.png今日の一枚

vc-ip